婚活パーティーについて調べてみた

婚活パーティーとは

婚カツパーティーは結婚したいと強く願う人たちが本気で相手を探しに集まるパーティーです。婚カツパーティーといってもいろんなパーティーの形があって、例えば人数限定して個室でお話が出来たり、年収いくら以上の人限定、大人数で立食パーティー、時にはいくつかの居酒屋を貸し切りしてあちこち回っていろんな人とお話をするなど、数多くの種類が存在します。年収が気になる人にはそれ限定で行っていい人を見つけるのがいいかもしれませんが、性格重視の人はいろんなパターンのパーティーがあるので、それに参加してみても面白いかもしれません。婚カツパーティーは基本的には男性の参加料金が高く、女性の参加料金が安い傾向にあるように思います。

婚活パーティーの流れ

婚カツパーティーの流れとしたら、まず自分の自己紹介カードがあってそれに記入して、自分がどのような人間なのかを書いていきます。そのあとに異性とのお話をする時間がありますので、その時に交換してそれを見ながらお話をします。自己紹介カードは男性は年収が書かれていたりしますし、その他にも趣味や職業など、結婚前にはぜひ知っておきたい情報がたくさんつまっています。それからそのに参加している方と出来るだけ多くお話をして相手を見つけます。最後には気になる異性ともう一度話せるチャンスがあることもありますので、誰がいいのかを厳選しながら見ていく必要があります。最後には誰とカップルになりたいかを書き、カップルの発表があります。

スマホで写真をきれいに撮るコツ

スマホで写真をきれいに撮るコツ

写真を撮る前に、まずやらなければならないことがあります。それは「カメラレンズをキレイに拭くこと」。スマホのカメラは気付かぬ内に指紋やホコリが付着していたりして汚れやすい部分なので、清潔な布かティッシュペーパーなどで丁寧に拭いておきましょう。また、カメラレンズに傷防止用のフィルムを貼っている方は、浮きや剥がれがないかも確認しておきます。この作業を忘れると曇った写真になってしまい、残念なことになる可能性が高いです。基本的なことですが、意外と重要なポイントです。
次に、被写体として写り込んで欲しくないもの(知らない人や電線電柱、ガラスに反射した撮影者の姿など)が映らない角度、タイミングを探します。写り込んで欲しくないものが移動出来るものの場合(ゴミなど)は自分で退かしてしまうのも良いでしょう。余計なものを排除することで、被写体の存在感が際立ちます。
次に手ブレ対策です。両足は肩幅程度に広げて姿勢を安定させ、脇をしめてスマホを構えます。この時、両手でしっかりと持ち固定させます。
最後にシャッターボタンをタップするのですが、この瞬間が最もブレやすいので注意して下さい。コツとしてはタップする時にボタンを「押す」ことを意識するのではなくボタンに「触れるだけ」と考えて下さい。意識の仕方一つで格段に写真写りが良くなります。
お試し下さい。

だめな写真の撮り方

上記のコツと逆のことをするとダメな写真になります。具体的には、汚れで曇ったレンズのまま撮影したり、傷防止用のフィルムが浮き上がった状態で撮影することでピンぼけな写真になったり、意図せず撮影している自分の姿が写り込んでいてダサい写真になってしまったりすることが典型的なダメな写真の例と言えるでしょう。背景にものが写り込み過ぎてごちゃごちゃした印象の写真になってしまうことも初心者が陥りがちなダメな写真の一例です。また、足を開かず直立して脇をしめずに撮影すると、かなりブレやすくなります。
その他、被写体が動くものである場合、モタモタしているとシャッターチャンスを逃すこともあります。スマホカメラを構えたら、どんな瞬間も逃さない気持ちで臨みましょう。ただし、緊張してしまうと手ブレの原因にもなるので、あくまでもリラックスを意識しましょう。
撮影は慣れです。最初はダメな写真ばかりでも数をこなしていくことで撮影の腕も上がるので、めげずに頑張りましょう。